腸内環境の改善

EDL Demo In Manchester UK In Pictures
The EDL held a demonstration in Manchester UK this weekend that attracted hundreds of patriotic supporters who came from all over the UK and Europe.

Here is a selection of pictures taken by our EFI photographer who attended the event.

Our photographer witnessed no violence from EDL supporters even though they were taunted by far-left antagonists.

EDL Demonstration Manchester

Click any image to go to the collection.

EDL Demonstration Manchester 2013

Last Updated (Monday, 04 March 2013 00:27)

Sweden Surrenders To Islam
A municipality in the Swedish capital of Stockholm has allowed the recitation of adhan, the call to prayer, through minaret speakers, in an unprecedented move.

Islamic Cultural Center of Botkyrka, a municipality in Stockholm mostly populated by immigrants, applied almost a month ago to municipal authorities, seeking permission for recitation of the adhan before Friday prayers through speakers in the minaret of the Fittja Mosque, located within the boundaries of Botkyrka.

The municipal council recently convened and unanimously approved the request. İsmail Okur, the head of the Islamic center, told the Anatolia news agency that the first adhan will be broadcast in March after the technical preparations are completed.

Last Updated (Sunday, 24 February 2013 00:43)

Read more…

Mali Islamists recruit child soldiers from local schools
GAO, Mali — The radical Islamic fighters showed up at Mohamed Salia’s Koranic school, armed with weapons and demanding to address his students.

The leader, named Hamadi, entered one of the classrooms, took a piece of chalk and scrawled his message on the blackboard.

“How to wage holy war,” he wrote in Arabic. “How to terrorize the enemy in combat,” the lesson plan continued.

Last Updated (Saturday, 23 February 2013 22:56)

Blogger who targeted Islamist groups stabbed to death, protesters hit streets
Tens of thousands joined the funeral prayers Saturday of a Bangladeshi blogger who had been critical of the country’s Islamist groups and was killed, intensifying demands for death penalty for 1971 war criminals.

Protestors chanted slogans promising to avenge architect Rajib Haidar’s assassination as his national flag draped coffin reached Shahbagh in the afternoon for the Namaaz-e-Janaza. Haidar, 30, an architect and Shahbagh protest activist, was stabbed to death near his house at Pallabi in the capital Friday night.

US Government caves in to islamic demands
Local Muslim Woman Wins Hijab Settlement With OC Sheriff’s Department

The American Civil Liberties Union of Southern California reached a settlement with the County of Orange yesterday allowing for Muslim women to keep their religious headscarves on while in custody.

That wasn’t the case back in 2006 when Lebanese Arabheimer Souhair Khatib and her husband pleaded guilty to a misdemeanor welfare crime.

This video filmed by GAIA exposes the suffering caused by the Halal method of animal slaughter.

As you can see the animals are not stunned before they are killed. Many animals endure several minutes of sheer panic and agony before they die. This slaughter is happening around the world including Europe. It is also happening in the U.K. This meat is also being imported to the U.K. in large quantities RIGHT NOW. It is being sold in restaurants, pubs, schools, supermarkets, and many fast food outlets across the UK – completely unlabeled.

You may well have eaten this stuff without realising it.

In some abattoirs the animals are stunned so that they are partially paralysed but not rendered unconscious, so called ‘stun to stun’ This kind of stunning can often be more cruel as the animal cannot express the pain it is suffering.

It’s a day when all around Europe people will be congregating at British embassies and consulates to protest at Tommy Robinson’s politically motivated imprisonment. The EDL will be marking that day with a static protest outside Wandsworth Prison.

腸内細菌叢が正しく機能するために必要な腸内生菌のグループです。

疾患を持つほとんどの準細菌が、真実は、私たちの消化器系に住む微生物のほとんどが有益であるということです。

これは、人間がわずか100が有害になることができるの2,000の異なる細菌種内に有していることが推定されます。

あなたの研究が進むにつれて、我々はこれらの細菌との詳細なものを知っている私たちは、腸内細菌叢は、私たちの体に3つの基本的な機能を持っていることを知っている。

本の中の細菌叢(アマ)の素晴らしさ、次の抜粋を所有している、博士マーガリーダマスは何これらについて説明します。

腸内細菌叢は、の三つの主要な機能のために起因する保護、代謝性または栄養と栄養開発上のローカルな効果を誘発するだけでなくので、体の一部の器官の成長と発展のための重要な要因です、腸(小と大)と運動だけでなく、脳、心臓、肺、免疫系の正常な成熟として栄養変化します。

1.栄養機能

あなたは、腸や自然を持っている場合、コロンはに応じて形状や大きさを変更します。

フローラは、私たちの解剖学、成長と発展を決定します。

正常な身体の成長をマーク栄養機能:これにより、私たちはその主な機能のいずれかを認識しています。

彼があるため、ニューロンのその多数の「第二の脳」ニックネームで知られているように私たちの腸内の腸内細菌叢を構成する細菌の作用によって行わ変更の範囲ははるかにコロン超えています。

それが見えるかもしれませんように驚くべき、これらの微生物は、接続して、私たちの脳と通信し、神経化学的および行動の変化を促進する能力を持っている。

私たちの腸内で既にあるため、ニューロンのその多数のニックネーム「第二の脳」で知られています。

私たちの脳と腸の間の関係を超えて、この概念は広く、私たちの腸内細菌叢はまた、それらに関連しています。

この新しい文は、同じ刺激に、無菌動物の動作が正常な腸内細菌叢と動物の行動とは非常に異なっている、という事実によってサポートされています。

参考文献:善玉菌サプリメント「これは私たちの腸内環境の改善には大変有効で、通常の食品で摂取するよりもより効率的に善玉菌の補給が可能になります。」

2.代謝機能

無菌動物は動物は腸内細菌叢を持っているものを食べることができない場合、私たちは植物相は、私たちの食事中の基本的な役割を果たしていると結論しなければなりません。

数年前、彼はフレーズを広めた「私たちは何を食べています」。

さて、腸内細菌叢に存在するすべての知識を、我々は少しさらに行きます。フレーズがないずっと前に、進化した、私は彼がとのインタビューで言うのを聞いたポール・オトゥールことを、腸内細菌叢のアイルランド知られている専門家「私たちは、細菌は、我々は何を食べると何をするかです。

複雑な炭水化物の発酵は、大腸の細菌のためのエネルギー供給の主要な源であります。

腸内細菌叢の主要な代謝機能は、すべての製品の発酵でコロンそのものを生産腸粘液のほか、消化ダイエットではありません。

複雑な炭水化物の発酵は、大腸の細菌のためのエネルギー供給の主な原因です。

また、彼らは、カルシウム、マグネシウム、鉄などのイオンの吸収を好む私たちの腸内細菌叢のヘルプを養う複合糖質とプレバイオティクス繊維の豊富な食事を、そのようなビタミンKのようないくつかのビタミンの合成に重要な役割を再生この機能です。

3.免疫機能

長年にわたり、専門家は、アレルギー、喘息、グルテン不耐症や現代社会において(例えば、糖尿病、クローン病や多発性硬化症など)の成分の自己免疫疾患の上昇を警告します。

彼らは、経済面で先進国の疾患です。また、彼らは発展途上国では非常に稀であることを起こります。

あり、それについていくつかの説がありますが、それはより多くの重量を持っており、衛生理論と呼ばれ、より受け入れられている。

我々は両方の消毒は、文字通り私たちの周りの細菌の「洗浄」している投資を行ってきました。

私たちの免疫システムは、インセンティブの外にあり、ますます退屈な日です。

私たちの免疫システムは、関連性の低い日になってきています。

継続的に私たちの防衛に接触したと免疫システムをアクティブのままにすべてのそれらの微生物が今消えているか、離れて私たちからなっています。

そして、これはまた、私たちの最も初期の時代から私たちの消化管のコロニー形成に影響を与えます。

その結果、腸内細菌叢は、ますます多様化する傾向にある。私たちが行うために私達を促す先進国が経験してきた主要な食生活の変化、幼い頃からの抗生物質の使用やライフスタイルを追加する場合私たちの体に耳を傾けるが、何が、結果は私たちの免疫システムはあまり関係の日になってきているということです。

消化器の快適さのためのヒント

上記の腸内細菌叢の機能を考えると、私たちはそのパフォーマンスを改善し続けることができるヒントがいくつかあります。

毎日新鮮な野菜、果物(皮膚に可能な場合)、全粒穀物を取るようにしてください。

多くの場合、豆類やナッツを入力してください。

助けることができるビフィズス菌を毎日発酵乳を含めます。

調理油脂、ソースとスパイシーを避け、穏やかな料理(スチームオーブン、箔を…)を使用します。

芽キャベツ、豆、豆、キャベツ、セロリ、タマネギ、ブロッコリー、アーティチョーク、食品ポリオールなどのような食品の鼓腸適度な消費をしてみてください。

毎日の身体活動を実践することを忘れないでください。

小さな、頻繁に食事をしてください。

ゆったりとリラックスした雰囲気の中で、あなたが希望を感じたときにトイレに行くようにしてください。

処方箋なしで下剤を避けてください。

ビフィズス菌は、最初、健康乳児の母乳の1899年に単離されました。それが主な特徴は、グルコースの発酵の主な製品として、乳酸と酢酸を生成することである細菌の独立した属として認識された。

1977年に分離され、ビフィドバクテリウムロンガムBB536株は、その有益な効果ほとんどされている人間のビフィズス菌であります研究しました。また、最もよく知られているの一つです。

特にそれは、腸内環境を改善し、感染と戦う、健康な免疫システムを維持するのに役立ちますし、骨強度を促進強調し、科学雑誌で40以上の論文を発表している腸内細菌叢は、有益な細菌の100以上の種で構成されてい一定の紛争で、中性または有害です。

その数は、それらのバランスは、抗生物質または他の薬剤、ストレス、老化またはアルコール消費を取るなどの原因、多種多様に影響され得ます。

その場合には、消化管の健康、ホストすなわち、影響を受ける可能性があります。

このようなビフィズス菌のヘルプなどのプロバイオティクスは、腸内細菌叢のバランスを回復するために 科学的研究は、特にビフィドバクテリウム・ロンガムBB536のを示しました。

今度は、腸内環境を改善し、したがって、良好な消化器系の健康と、感染に対する抵抗性に寄与し、高齢者(高齢化とビフィズス菌の減少の数)の腸内細菌叢を改善します。

腸内細菌叢におけるビフィズス菌の割合が有意に増加への投与をもたらします。同時に、アンモニアのような腐敗産物を減少させることが観察された。

早産低出生体重児で、ビフィズス菌によるコロニー形成を刺激し、したがって、腸の感染症を減少させる、ビフィズス菌叢を形成する工程と総IgA産生の増加および大腸菌による感染に対する抵抗性を発生させる。

免疫刺激作用をし、抗感染症(ビフィズス菌を殺菌作用責任が酢酸を生成(特異的抗体および非特異的の産生を誘導する)を有しています大腸菌などの有害な細菌)の破壊は、 他の抗生物質治療の投与による下痢を防ぐため。

特にアンモニア含有量を減少させるために、腸内環境を改善し便秘の人で腸の動きを規制します堆積は、ある糞便酵素の活性及び大便の頻度を増加させるには癌または異常陰窩の病巣の発達を阻害する。

好中球およびNK細胞を活性化し、免疫不全の高齢者の免疫系を刺激します。

これは、感染症、インフルエンザウイルスによって引き起こさ特にのリスクを低減し大幅にスギ花粉に対するアレルギーの症状を軽減します。

それは変更に反対行為が受粉の季節に沿って糞便フローラを経験しているようです。

おそらく、カルシウムの吸収を高めることによって、骨強度を強化します。